東京オーキット・ナーセリー



JOGA洋らんフェア2019 in YOKOHAMAに出店します

ホームページをご覧の皆様こんにちは

イベント情報です。

 

「JOGA洋らんフェア2019 in YOKOHAMA」

に出店します。

 

会場:横浜ワールドポーターズ6FイベントホールA

期間:2019年6月28日(金)~30日(日)

10:00 ~ 17:00 (最終日は16:00まで)

入場無料

 

横浜は数年ぶりに出店することになりました。

ぜひ遊びにいらしてください。

 

 

ぬるぬるパフィオ

ホームページをご覧の皆様こんにちは

農場だよりです。

 

珍しい原種のセレクト個体が咲きました。

 

Paph. gigantifolium 'Extra Big'

 

これとロスなどと交配された交配種は最近多く見かけるようになりましたが、原種そのものはあまり見かけないかと思います。

 

gigantifoliumは「でっかい葉っぱ」という意味です。

この株はまだそこまででっかい葉っぱの株ではありませんが、2花茎で立派に咲いてくれました。

 

 

そしてこのgigantifolium、なんだかぬるぬる油っこいのです!

 

この種類の支柱を立てたのは初めてなのですが、支柱と茎を固定する茎止めテープが油?のせいでうまく貼り付きません!

 

テープを長めに使ってぐるぐる止めたり、テープの接着面同士を貼り合わせてなんとか固定しました。

 

ドーサルとステムを拡大した写真です。

 

びっしり生えた繊毛の先端がわずかにキラキラしているのがおわかりいただけますでしょうか?

 

食虫植物のモウセンゴケのようにねばねばするわけではありませんが、サラダ油のようなさらさらとした質感です。

 

 

いったい何のためにこんなに毛が生えて油ぎっしゅになっているのでしょうか。

良く似た原種である、この写真のPaph. supardiiは花も茎もツルツルです。

 

謎です。

虫が滑ってリップに落ちて受粉しやすくしているのでしょうか?

不思議な花ですね(^^)

 

 

それでは皆様また明日!

 

 

 

 

 

1 コメント

Pink Zebra 咲きました!

ホームページをご覧の皆様こんにちは

農場だよりです。

 

Den. thyrsiflorumのセレクト個体
'Pink Zebra'が咲きました。

 

 

ペタルにピンクのスプラッシュが入る珍しいシルシフローラムです。

 

実は花の裏から見た方が縞模様ははっきりしています。

カリスタ系は弁質が紙ですか?というほどに貧弱なので、花が開ききらない時もありますが、今回は綺麗に開いています。

 

天気や見る時間などでも花が萎れていたりします。

 

良い花見られてラッキーです(^^)

 

 

それでは皆様また明日!

 

 

2 コメント

夏のカトレア

ホームページをご覧の皆様こんにちは農場だよりです。

 

 

夏咲きのカトレアがたくさん咲いています!

 

写真はCattleya tenebrosaです。

引き込まれそうなリップの色合いです。

 

そしてtenebrosaとschillerianaの交配種 C. Massangeanaも同時に咲いています。

良い香りがします!

 

リップの色が目立ちます。

 

真ん中の花はペタルとセパルも色が濃いタイプです。
開きかけの花ですがリップはこれから広がるのでしょうか?

 

こちらはC. Brabantiaeです。

loddigesii と  aclandiaeの交配種です。

 

aclandiaeの形質が強く表れている個体ですね。

ローブがキュッと締まっているところがloddigesiiの特徴でしょうか。

 

これも香りがあります。

 

 

色が茶色系でちょっと地味...いえ、味わい深い色合いをしていますが、その分香りの良さでバランスをとっているのかもしれませんね(^^)

 

 

今日はヤフオクストアとウィークエンドオークションの出品日です。

いつもよりたくさん出品しています!

皆様のご入札をお待ちしております。

 

それでは皆様また来週!

 

 

0 コメント

良い虹が出ました!

ホームページをご覧の皆様こんにちは

農場だよりです。

 

雨が降ってきたから帰ろうと外に出たところ、目の前に大きな虹が!

 

太い虹と細い虹の二重虹です。

 

慌ててカメラを構えました。

思いついた時には虹が薄くなってしまいましたが、パフィオと虹を一緒に撮れました。

 

パフィオはたまたま近くにあった弊社交配のPaph. Shin-Yi's Prideの色が濃い個体です。

 

梅雨のサプライズでした(^^)

 

それでは皆様また明日!

 

 

2 コメント

ロスもいよいよシーズンオフです

ホームページをご覧の皆様こんにちは

農場だよりです。

 

rothschildianumのシーズンもいよいよ終了です。

 

花の後ろは葉っぱの海です。

 

写真は最後に咲いたセレクト個体です。

 

Paph. rothschildianum 'Shogun Sword'

 

この時期はサイズが大きく咲きにくい気がしますが、それでもドーサル6cmを超えペタルは2.0cmあります。

3年前の初花より大きく咲きました。

 

右のステムも4輪だったのですが、咲く前にバッタに食べられてしまったようで残念です。

 

 

交配は'Nikko Shogun' x 'Tarantula'です。

先日載せた兄弟株と似ています。

 

パワフルな花です。

 

 

葉っぱはこんなに太いです。

まるでgigantifoliumかなにかのようですがちゃんとrothschildianumです(^^)

 

まだ初花から2回目の花なので、今後の花も楽しみです。

 

今シーズンもたくさん花が咲きました。

来シーズンはもっと花が咲くのではないかと思います。

 

 

それでは皆様また明日!

 

 

 

 

4 コメント

ウツボカズラが鈴なりです!

ホームページをご覧の皆様こんにちは

農場だよりです。

 

梅雨になって湿度が高いためか、会長のウツボカズラが絶好調です(^^)

 

次々と大きい捕虫袋が出来てきます。

 

点滴灌水はウツボカズラも調子よいです。

 

この大きい袋はNepenthes Dyerianaです。

1900年に作出された古い品種のリメイクとのことです。

 

下の写真のひっくり返っている袋も同じツルに付いた袋ですが形がちょっと違います。

真ん中ののっぺりした大きい袋はNepenthes Luisaという交配種です。

赤い袋はNepenthes albomarginataという原種です。

 

Nepenthes albomarginataは口の周りの白い帯が特徴的です。

 

袋が緑のタイプなんかもあるそうです。

 

この個体は赤が特に濃い個体です。

 

ウツボカズラもいろいろな種類があって面白いですね(^^)

今日載せた3種類はいずれも丈夫で育てやすいです。

 

 

それでは皆様また明日!

 

 

 

0 コメント

色が変わります!

ホームページをご覧の皆様こんにちは

農場だよりです。

 

Vanda denisonianaのセレクト個体がたくさん咲いています。

大株を株分けしたのでたくさんあります。

咲き始めはクリーム色ですが、だんだん黄色くなっていき、最後はオレンジ色ぐらいになります。

 

とってもいい香りがします(^^)

 

パフィオやフラグミのようにリップが袋になるデンドロが咲きました。

 

名前は

Den. chrysocrepis

です。

ふくふくしていて可愛いです(^^)

 

すぐ高芽になってしまいます。

株をきれいに作ってたくさん咲かせたらもっと可愛いだろうと思います!

 

 

今日はヤフオクストアとウィークエンドオークションの出品日です。

皆様のご入札をお待ちしております!

 

それでは皆様また来週!

 

 

0 コメント

本物の...!

ホームページをご覧の皆様こんにちは

農場だよりです。

 

珍しいパフィオが咲きました。

 

本物のPaph. superbiensです!

 

Paph. superbiensとPaph. curtisiiは長らく混同されごっちゃごちゃになっていて、今のところKew Gardenでもcurtisiiはsuperbiensのシノニムになり認められていません。

 

しかし、1860-1880年ころに出版された本にCypripedium superbiensとして載っていた花にそっくりなパフィオが近年再発見され、それが記載された当時の本物のsuperbiensだということが分かったそうです。

 

Paphiopedilum superbiens (as Cypripedium s.) Warner, Williams - Select orch. pl. 2nd pl. 12 (1865-1875)

葉っぱも19世紀のイラストと完全に一致していますね。

 

こちらの株は昨年ドイツから苗で入荷して、ホントかよと思いつつも育てた株です。

咲いてびっくり歴史秘話ですね(^^)

 

個体としてはイラストのものよりドーサルが広くて良い感じです。

Paphiopedilum superbiens (as Cypripedium superbiens)-Xenia 2-101 (1874)
Lindenia - Iconographie des Orchidees - plate 140
The Orchid Album-03-0082-0122-Cypripedium curtisii

19世紀当時はしっかりとsuperbiensとcurtisiiは区別されていましたが、その後curtisiiのみ株が現代に残り、superbiensは「失われた種」となってしまったようです。

 

2度の世界大戦で資料や株が失われた種類がたくさんあるそうですね。

 

Paph. papuanumなんかも、papuanumとして記載された後に失われてしまい、その後再発見された際に新種と思われPaph. zieckianumとして再び名前をつけられました。しかし、よくよく調べたらpapuanumとして名前ついてんじゃん!

とあとから分かったそうです。

 

今日は19世紀に思いをはせる一日でした。

それでは皆様また明日(^^)

 

 

4 コメント

良い香り、ひどい香り

ホームページをご覧の皆様こんにちは

農場だよりです。

 

くさ~いバルボフィラムが咲いています!

 

今日は午後から雨でハウスのビニールを閉めていたので一段と臭かったです。

 

Bulb. graveolens 'Orange Line'

 

花だけ見る分には結構綺麗ですが、臭すぎます(><)

 

 

こちらはお寿司のツマのガリの香りのデンドロです。

甘い味付けのショウガの香りです。

 

Den. wilsonii

 

もう少し蕾が付いていたのですが、開いたとたんにナメクジにやられました。

奴ら見かけによらず嗅覚が発達しているようです。
農場ではパフィオは全く食べられないです。

 

こちらもデンドロですが香りが良いです。

コンビニやスーパーで売っているバニラ味のカップアイスの香りです。

 

Den. bensoniae

 

新入社員N澤的には、昼間暑い時は「ス〇パーカップ」を、お風呂あがりには「M〇W」を食べたいです。

このデンドロの香りは完全に後者の香りです。

香りを嗅ぐとコンビニにアイスを買いにいきたくなります。

 

良い香りの蘭は咲いているといい気分ですね。

ひどい香りの蘭は臭いと分かっていてもついつい匂いを嗅いでしまいます。

 

 

それでは皆様また明日(^^)

 

 

0 コメント