ヤジロベエの花が見頃です

ホームページをご覧の皆様こんにちは。

農場だよりです!

 

お客様数名から世田谷本社にはどうやって行ったらいいのか教えてほしいとお問合わせをいただいたそうです。

 

チラシを見ても地図しか載っていない、ホームページにはアクセス方法が載っていない!?

これでは僕と同じような方向音痴さんは本社まで辿り着けない恐れが生じます。

そこで、電車とバスを利用した本社へのアクセス方法をザックリと紹介しようと思います。

 

まず、小田急線を利用される場合

小田急線経堂駅→小田急バス[経01]千歳船橋駅行き→八幡山バス停→徒歩→本社

小田急線千歳船橋駅→小田急バス[梅01]梅ヶ丘駅行き→八幡山バス停→徒歩→本社

この2通りの方法があるようです。http://www.tokyobus.or.jp/app/routebusstop/busstop/stopid/13-3394


次に、京王線を利用される場合

京王線八幡山駅→京王バス[経02]経堂駅行き→船橋6丁目バス停→徒歩→本社

京王線八幡山駅→京王バス[八01]希望ヶ丘団地経由八幡山駅行き→船橋6丁目バス停→徒歩→本社

の2通りあるようです。http://www.tokyobus.or.jp/app/routebusstop/busstop/stopid/13-7586


京王線八幡山駅と小田急バス八幡山バス停は別の物なので混乱しないよう気をつけないといけないですね。

ややこしいですがバスの本数は多いのであわてなくても大丈夫なようです。



さて、今日のランを紹介しましょう!

今日はこちらのヤジロベエこと、Paph. dayanumです。


細いステムの上で上手にバランスを取っていて微笑ましいです(^^)

全て兄弟株で、色の濃いめな個体や花が大きく張りのある個体など次々と咲いてきています。


花茎は細くよわよわしく見えますが心配は要りません。思いのほかしっかりしています!



結構綺麗に横一列に並べる事が出来ました!

意外と手間取りました^^;


ダイアナムはボルネオのキナバル山が原産地なんだそうです。

自生地でひょこひょこ咲いている様子もいつか見てみたいものです。


いかがでしたか?

本社へのアクセス方法がお役に立てれば幸いです。

僕もまだ本社に行ったことが無いので、間違っていたらごめんなさい!


それでは今日はこの辺で失礼します。さようなら!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    MT (月曜日, 15 6月 2015 17:03)

    ヤジロベエとはこの花の見方面白いね。