Lynleigh Koopowitzが咲きました

ホームページをご覧の皆様こんにちは

農場だよりです。

 

Paph. Lynleigh Koopowitzの初花が咲きました。

delenatii fma. albumに昨年GM-CHM/JOGAに入賞したmalipoense fma.album 'Chen Samn'を交配したものです。

 

マリポエンセの模様をピンク色にしたような形良い花が咲きました。

NS12.4cmとこの交配種にしては大輪のようです。

 

この交配はこの代ではアルバになった株は無いので、この個体を使ってセルフかシブリングで実生すればアルバのLynleigh Koopowitzが見られるでしょう。

蕾もどんどん上がってきています!

ほんのりピンクの花を並べました。

右下がPaph. liemianumのペタルの淡い個体

真ん中がPaph. dayanum

そしてPaph. Lynleigh Koopowitzの別個体です。

 

今日はロスの植替えに使うコンポストを混ぜたり棚を片づけたり力仕事でした。

ムキムキになりそうです。

それでは皆様また明日!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    veranda orchids (木曜日, 26 5月 2016 10:27)

    いつも農場便りを拝見しております。Lynleighはアルバよりも、今の色彩の方がグッドだと思います。dayanumもいいですね。

  • #2

    新入社員N澤 (木曜日, 26 5月 2016 15:27)

    veranda orchids様
    コメントありがとうございます!
    たしかにこのピンクは素晴らしいですね(^^)
    スタミノードの深い色あいも目を楽しませてくれます。

    ただ、僕もそうですが、アルバ好きな人はいろいろな種類のアルバを見たくなる病気に感染していることが多いです。
    そしてマリポエンセのアルバはグリーンですが、このLynleighがアルバになったら白花のマリポエンセが見られるのかなと思うとそれはそれで楽しみになります!