すごいgratrixianum

ホームページをご覧の皆様こんにちは。

農場だよりです。

 

Paph. gratrixianum と整形点花を並べてドーサルを後ろから見たようなこちらの写真ですが、これがすごいんです!

 

一見すると整形点花のようですが...

大きいgratrixianumでした!

凄まじい大きさです。

 

葉っぱからステムから何から何まで大きいです。

並べて撮っている方が普通の大きさの原産地由来のセレクト個体です。

 

大きい方は実生から咲いたので四倍体か三倍体の倍数体変異個体ではないかとのことです。

驚きです。

 

それでは皆様また明日!

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    たきかわ (火曜日, 13 12月 2016 19:02)

    随分と大きさに違いがあるものですね!

    私は先程カンボジアから帰国したところです。
    標高1000mのジャングルに原産地の蘭の観察旅行に行って来ました。
    Paphiopedilum appletonianum は沢山あったのですが、まだツボミでした。
    やっとのことで1輪開花した株を見つけました。 1週間早過ぎました。
    地雷が残されているか心配しましたが、多くの蘭を見てきました。

  • #2

    清水 昭一 (水曜日, 14 12月 2016 10:21)

    凄いのが咲きましたね、倍数体とは言え驚きです今までこんなお化け見たことが無いですね、だから実生は面白いのでしょう。

  • #3

    新入社員N澤 (木曜日, 15 12月 2016 18:47)

    >たきかわ様
    いつもコメントありがとうございます
    自生地観察うらやましいです!
    パフィオの自生している姿を見るのは憧れです。

    >清水昭一様
    いつもコメントありがとうございます
    ほんとにびっくりしました!
    実生の突然変異はすごいです