五輪咲きのロス!

ホームページをご覧の皆様こんにちは

農場だよりです。

 

5輪咲きのrothschildianumが咲いています。

 

ロスは4輪が多いですが、なかにはこうして5輪咲きの個体もあります。

 

株をしっかり作り込んでも4輪までしか咲かない株もあります。

 

 

この個体は'Mont Millais'の性質が強く発現しているのか、花付きが良く赤いです。

 

輪数が多いとゴージャスでカッコいいですね!

これぞKing of Paphiopedilumです

 

 

それでは皆様また明日(^^)

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    清水 昭一 (木曜日, 28 3月 2019 09:46)

    流石東京オーキットさん本当にパフィオのキングですね其れに見事に正面を我々が作ると中々全輪が正面を向いてくれません色々誘引を試してはいるんですがね中にはアッチ向いてホイに成ります。

  • #2

    新入社員N澤 (金曜日, 29 3月 2019 18:00)

    清水 昭一様
    コメントありがとうございます!
    花芽が出てくると、南に向けると良いという話を聞きますが、ロスに関しては当てはまりません。
    花芽が株元深くにあるうちから咲くまでに株の向きを少しでも変えてしまうとステムが捻じれて花があちこちを向いてしまうようです。
    支柱の立て方によっては90度くらいは頑張れないこともないのですが、ひねりすぎるとボキッと折れてしまいますのでご注意ください!